コーチ スギノケン・カーターのトレーニングルーム

kencarter.exblog.jp
ブログトップ

映画  帝一の國

a0045953_11292756.jpg

2017(平成29)年5月2日(火)

今日も朝から仕事。
夜は泳ぎに行って、そのまま近所のシネコンのレイトショーに行った。

映画は、『帝一の國』。
期待して行ったけど、雰囲気だけで、リアリティがなく粗雑で深みのないストーリーにがっかり。エンタメとしても途中で飽きてくる。



☆公式サイト: http://teiichi.jp/
☆映画ドットコムより
作品データ
製作年 2017年/製作国 日本/配給 東宝/上映時間 118分

解説
古屋兎丸の同名コミックを、菅田将暉、野村周平、竹内涼真ら人気若手俳優の共演で実写映画化した学園コメディ。全国屈指のエリートたちが集まる超名門・海帝高校。政財界に強力なコネを持つこの学校で生徒会長を務めた者には、将来の内閣入りが確約されるという。主席入学を果たした1年生の赤場帝一は、総理大臣になって自分の国をつくるという夢を叶えるための第一歩として、生徒会長の座を狙っていた。2年後の生徒会長選挙で優位に立つべく誰よりも早く行動を開始した帝一は、想像を絶する命がけの権力闘争の中へ身を投じていく。「ジャッジ!」「世界から猫が消えたなら」の永井聡監督がメガホンをとり、「ROOKIES」のいずみ吉紘が脚本を担当。

スタッフ
監督 永井聡/原作 古屋兎丸/脚本 いずみ吉紘

キャスト
菅田将暉 赤場帝一
野村周平 東郷菊馬
竹内涼真 大鷹弾
間宮祥太朗 氷室ローランド
志尊淳 榊原光明
千葉雄大 森園億人
永野芽郁 白鳥美美子
鈴木勝大 駒光彦
吉田鋼太郎 赤場譲介


[PR]
# by kencarter | 2017-05-02 23:59 | ☆映画 | Comments(0)

4月は30日中28日泳いだ

2017(平成29)年4月30日(日)

今日も朝から仕事

4月は30日中28日泳いだ。
27/30=0.9。
水泳率90%。
合格。

105/120=0.875。
今年4ヵ月の水泳率は87.5%。
この調子で。
[PR]
# by kencarter | 2017-04-30 23:15 | ☆日記 | Comments(0)
a0045953_22133652.jpg


2017(平成29)年4月28日(金)


今日も朝から仕事。晩は映画に行った。
映画は、『ジャッキー ファーストレディ 最後の使命』。

ナタリー・ポートマンの美貌がとにかく目立つ映画(本物のジャッキーはもっとソフトな感じ)だけど、おすすめ。


☆公式サイト: http://jackie-movie.jp/

作品データ

原題:Jackie

製作年:2016

製作国:アメリカ・チリ・フランス合作

配給:キノフィルムズ

上映時間:99

映倫区分:G


解説

ナタリー・ポートマンがジョン・F・ケネディ元大統領夫人ジャクリーン・ケネディを演じ、ケネディ大統領暗殺事件をファーストレディの視点から描いた伝記ドラマ。19631122日、テキサス州ダラスを訪れたケネディ大統領が、オープンカーでのパレード中に何者かに射撃され命を落とした。目の前で夫を殺害された妻ジャクリーンは悲しむ間も与えられず、葬儀の取り仕切りや代わりに昇格する副大統領の大統領就任式への出席、ホワイトハウスからの退去など様々な対応に追われることに。その一方で事件直後から夫が「過去の人」として扱われることに憤りを感じた彼女は、夫が築き上げたものを単なる過去にはさせないという決意を胸に、ファーストレディとして最後の使命を果たそうとする。共演に「17歳の肖像」のピーター・サースガード、「フランシス・ハ」のグレタ・ガーウィグ。「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキー監督が製作を手がけ、アカデミー外国語映画賞候補作「NO」のチリ人監督パブロ・ララインがメガホンをとった。


スタッフ

監督:パブロ・ラライン


キャスト

ナタリー・ポートマン:ジャクリーン(ジャッキー)・ケネディ

ピーター・サースガード:ロバート(ボビー)・F・ケネディ

グレタ・ガーウィグ:ナンシー・タッカーマン

ビリー・クラダップ:ジャーナリスト

ジョン・ハート:神父


[PR]
# by kencarter | 2017-04-28 23:55 | ☆映画 | Comments(0)
a0045953_19170854.jpg

2017(平成29)年4月21日(金)

今日も朝から仕事。
晩は映画を見た。
久しぶりにいい映画を見た感じ。



☆公式サイト: http://hajimari-tabi.jp/

☆映画ドットコムより
作品データ原題:Captain Fantastic
製作年:2016年/製作国:アメリカ/配給 松竹
上映時間:119分
映倫区分: PG12

作品解説
ビゴ・モーテンセンが大家族の父親役を演じ、森で暮らす風変わりな一家が旅に出たことから巻き起こる騒動を描いたロードムービー。現代社会から切り離されたアメリカ北西部の森で、独自の教育方針に基づいて6人の子どもを育てる父親ベン・キャッシュ。厳格な父の指導のおかげで子どもたちは皆アスリート並みの体力を持ち、6カ国語を操ることができた。さらに18歳の長男は、受験した名門大学すべてに合格する。ところがある日、入院中の母レスリーが亡くなってしまう。一家は葬儀に出席するため、そして母のある願いをかなえるため、2400キロ離れたニューメキシコを目指して旅に出る。世間知らずな子どもたちは、生まれて初めて経験する現代社会とのギャップに戸惑いながらも、自分らしさを失わずに生きようとするが……。監督は「アメリカン・サイコ」などの俳優で、「あるふたりの情事、28の部屋」で監督としても高く評価されたマット・ロス。第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門の監督賞をはじめ、世界各地で数々の映画賞を受賞した。

スタッフ
監督マット・ロス

キャスト
ビゴ・モーテンセン ベン/フランク・ランジェラ ジャック/ジョージ・マッケイ ボウドヴァン(ボウ)/サマンサ・アイラー キーラー/アナリース・バッソ ヴェスパー

[PR]
# by kencarter | 2017-04-21 23:11 | ☆映画

3月は31日中25日泳いだ

2017(平成29)年3月31日(金)

今日は朝から研修。

3月は31日中25日泳いだ。
25/31=0.8064。
水泳率80.6%。
ぎりぎり合格。

78/90=0.866。
今年3ヵ月の水泳率は86.7%。
この調子で。
[PR]
# by kencarter | 2017-03-31 23:47 | ☆日記 | Comments(0)
ポスター画像

2017(平成29)年3月16日(木)

未来を花束にして』を見た。
キャリー・マリガンがいいけど、まあ・・・・・・・

☆映画ドットコムより

解説

実話をもとに、1910年代のイギリスで参政権を求めた女性たちの姿をキャリー・マリガン主演で描いたヒューマンドラマ。1912年、イギリス・ロンドン。洗濯工場で働く24歳のモードは、同僚の夫と幼い息子の3人で暮らしていた。ある日、女性参政権運動活動家である友人に代わって公聴会で証言し、「今とは異なる生き方があるのでは?」という疑問を持つようになる。それがきっかけとなり、モードはWSPU(女性社会政治同盟)のリーダーであるエメリン・パンクハーストの演説を聞き、デモにも参加するようになる。しかし、女性の政治活動を不満に思う男性も多く、夫からは家を追い出され、息子と会うことも禁じられ、さらに工場長からもクビを宣告されてしまう。マリガンが主人公モードを演じ、実在の人物エメリン・パンクハースト役のメリル・ストリープのほか、ベン・ウィショー、ヘレナ・ボナム=カーターが出演



[PR]
# by kencarter | 2017-03-16 23:15 | ☆映画 | Comments(0)

これは、大学教師 コーチ スギノケン・カーターの格闘の記録である // たとえ全世界を得ても、魂を失えば、何になろうか


by kencarter